HOME   »  デモンタ
Category | デモンタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモンタの輪行について

ブログの編集で、操作ミスをしてしまったようです。
先日アップの<デモンタの輪行について>という記事を誤って削除してしまいました。
がっかり!

前回から少し変更を入れたところもありますので、それも含めて再度報告いたします。
とりあえず手順に従って画像で、報告いたします。
ご笑覧ください。

panas08241.jpg
輪行に必要となる工具、小物類
トーストラップ
登山用品店で購入したゴムのストラップ
加茂屋モールトンポータージョイント金具
5、6mmのヘキサゴンレンチ
輪行袋(マルト ツアーバッグZD)

以下分解手順
panas08242.jpg
左側のクランクを、シートチューブにトーストラップで固定
右側のペダルは、ついているトーストラップをクランクに絡めて固定

panas08243.jpg
ワイヤー類切り離し。

panabunkai08195.jpg
加茂屋ジョイント取り付け

panabunkai08196.jpg
フレーム分割

panabunkai08197.jpg
ジョイントで、前後ハブ軸締結

pana08246.jpg
ゴムのストラップでトップチューブとサドルを縛り固定
ハンドルは、邪魔にならない位置に固定

panas08244.jpg
で、こんな感じになります。

panabunkai08200.jpg
筒状の輪行袋をかぶせ、上下のドローコードを適度に絞れば、袋詰め完了!

ざっとこんな要領で輪行袋に収めることができます。

ついでにちょっとした小細工をしましたので紹介します。
画像御覧ください。

pana08242.jpg
ローノーマルの前変速機を使っているので、ワイヤージョイント切り離しで、チェンがインナーに落ちてしまうのですが、
チェンリングアウター歯がむき出しでちょっと気になったので、こんなものを作ってみました。

pana08241.jpg
変速ワイヤーの切れ端と圧着端子で簡単にできる割には、まぁまぁ使えるかも。
スポンサーサイト

デモンタ完成しました。

ようやく、デモンタが完成しました。
かかり始めたときは、手持ち部品を活用しつつ、国産部品を多用したいと思っていましたが、
私の手持ちでは、ちょっと無理だったようで、これについては早々にあきらめてしまいました。
それよりも、ちょっと重めのフレーム重量が気になりましたので、重量に少し気を使ってパーツ選定することにしました。
その結果、画像の状態で、10kgをわずかに切っています。


このフレームですが、もともとのモデルはパナソニックかナショナルのラスコルサのデモンタと推測しています。
細かいことをこだわらなければ、これで充分ですね。

pana07172.jpg


pana07173.jpg
自作小型軽量キャリアー

pana07174.jpg
もともとは、ダイアコンペ610がついていたと思うが、無理を承知で、NGC450を取り付けた。
フロントブレーキはうまく収まったけれども、リアは、直付台座の位置は今一つで、ちょっと不格好な感じ。
これについては、まぁ仕方ないですかね。

pana07175.jpg


pana07177.jpg
44T/30T、フリー13T~23T 7速の 軟弱仕様

pana07179.jpg


pana07178.jpg
自作のワイヤージョイント
ネットで自作されている方の記事を参考にフレンチバルブアダプターとバルブキャップを使って作ってみました。

デモンタキャリア完成

本日、バッテリーライトを取り付けるダボと泥除け固定用のネジをロウ付けしました。
これにてキャリア完成!です。


以前は、ペーパー仕上げで済ましていたのですが、今回はバフ研磨してみました。

pana1606272.jpg
76gです。
ステーはサンジェ風に止めるので、そのダルマがちょっと重いかも
ステンレス製で実測13gでした。
本当に軽いところを狙うのだったら、この止め方は今一つですかね。

デモンタキャリア制作中間報告

本日、頑張って、キャリア製作を進めました。
あとは、バッテリーライトを取り付けるダボと泥除け固定用のネジをつけて、完成となります。


ここまで来れば、あと少し。
それにしても暑い日でした。ガレージでの工作、疲れました。汗だくです。

pana1606252.jpg
この状態で71gです。
予想通りの軽量なキャリアとなりました。


デモンタキャリア制作中

なかなか進まないデモンタですが、重い腰を上げてフロントキャリアに取りかかりました。
せっかくですから、今回は、実験的な意味合いも込めて、薄肉ステンレスパイプで、キャリアの軽量化をもくろんでいます。
使用材は、外形φ6mm、肉厚0.5mmのSUS304のパイプ材です。
以前は肉厚1mmのSUS304のパイプ材を使用していましたから、たとえが変ですが、イシワタ024から019みたいな感じです。
予想ですが、小型のフロントキャリアであれば、100gは楽に切れると考えています。
これで強度がもてば、いいことづくめのようですが、実は、そう甘くなかったようです。
この薄肉のパイプは、なかなか扱いというか加工が難しいのです。
小さいRで曲げると断面がつぶれて扁平になりやすく、苦労させられました。
ベンダーを改造したり、曲げるときに、砂を詰めて潰れにくくしたり・・・・
この、試行錯誤に結構な時間を取られました。

今現在、いまだ完成ではないのですが、ある程度のめどが立ち、最終形が見えてきましたので、
とりあえず画像で報告いたします。


全体のデザインは、ルネエルスのコピーですが、ステーの取り付けだけは、サンジェ風にダルマで止める方法を採用することにしました。


今日はここまで。
あと数日ぐらいでできるかなぁ~
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。