fc2ブログ
HOME   »  グランテック
Category | グランテック

グランテック 泥除けの交換など

輪行時にフォークを反転させる前提で、前泥除けの先端部を詰めて短くしたグランテックですが、
輪行時にフォークを反転させないことにした今となっては、短すぎる泥除けが、ちょっと残念な感じ・・・
それで、H29の前泥除けだけ入手できないかと、探したところ、運よく前泥除けのみ入手することが出来ましたので
これ幸いと、前泥除けを交換しました。
同時に、前泥除けに、充電式のヘッドライトを取り付けてみました。

gt02281.jpg
あくまでも自分の感覚ですが、見慣れた普通のバランスになったと思います
ブツは、長谷川自転車商会さんにて前のみ売っていただきました。 
ありがたや~
本所のシールが一昔前のものでしたから、新しいものではなく、少しくすんだ感じでしたが、磨けばキレイ。

gtkiley.jpg
ヘッドライトは、KILEY製
取り付け小物類は自作品です。
スポンサーサイト



グランテック ボトルゲージ

先日、グランテックでポタリングをした際、ちょっと不安に思ったのが、ボトルの取付についてでした。
FABRICというメーカー?のゲージレスボトルをとりあえず使用したのですが、耐久性とか、未舗装路走行時の振動だったりとか・・・を考えると、やっぱりボトルゲージを使ったほうがベターかなと思うに至りました。
それで、本日は、手元にあったベロオレンジのボトルゲージを改造してグランテック用のボトルゲージを作ってみました。
ご笑覧ください。

gtbotg1.jpg
ポイントは、グランテック折りたたみ時に、リアキャリア、シートステイに干渉しないようにすること。
それでこんな形になりました。
ちょっと野暮ったい感じになりますが、ストラップを併用して固定します。


gtbotg2.jpg
ソラン・デ・カブラスのPETボトルに合わせて作りました。

gtbotg3.jpg
折りたたみ時

グランテック輪行 肩掛けベルトについて

先日、グランテックの輪行について、そのたたみ方を確認いたしました。
本日は、輪行の際に、役立つ肩掛けベルトの取付について検討してみました。

当初、折りたたみ状態で、右リアエンドと左側のクランクシャフトの2点を肩掛けベルトの固定点にするつもりで試してみたのですが、予想に反して、持ち上げたときの重量バランスが悪くて、あまり扱いやすいとは思えませんでした。
それで、いろいろその固定点を探った結果、以下のように。

gt2401183.jpg

gt2401184.jpg

特に固定点は設けずに、ステムに突き出し部とハンドル左グリップに25mm巾のナイロンテープのスリングを渡すのみとしました。
ちょっと怪しい感じなのですが、重量バランスは、ほぼ完ぺき。しかもとっても簡単!
とりあえず、これでやってみるつもりです。

グランテック輪行確認

グランテック輪行について、確認してみました。

gtrinko1.jpg
右側のペダルを外し、自立補助の支え棒をセットしてから、フォーク反転せず、折りたたむ。
その後、ステムの引き上げ棒を緩めてハンドル回転。あとは荷崩れしないようストラップで固定。(2か所)
作業自体はとても簡単。
自分の知る限り、最も簡単で早くできる輪行かなと思います。

gtrinko2.jpg
ステムを一番下まで下げると、サドル下までハンドルバーが回せるので、よりコンパクトになるようです。
もともとグランコンペのステムの使用を予定していたのですが、コラム部の上部が段付きで太くなっていたので、ステムを下げることが出来ず、その使用を見送りました。
それで、コラム部に段差のないサカエのニューロイヤルステムに変更した次第です。

gtrinko3.jpg
輪行袋は、MARUTOナニ銀バージョン。
サイズ感はピッタリ。
あとは、肩掛けベルトを考えれば、完了!かな

グランテック組みあがりました。

昨年の8月からいじり始めたグランテックが、組みあがりました。
ご笑覧ください。
gt2401111.jpg
気になるところもありますが、これで少し使用してみようと思っています。

gt2401112.jpg
取っ手付きの引き上げ棒のグランコンペステムは、使用せず、サカエのニューロイヤルステムを使うことに。
その理由は、後日に致します。
結果的に、折りたたみには、5mmのヘキサゴンレンチが必要になりました。
輪行車という意味では、一歩後退です。

gt2401113.jpg
とりあえず、ゲージレスボトルを使う予定

gt2401114.jpg
ステムの関連で5mmヘキサゴンレンチを使うので、シートピンもそれに合わせて、クイックリリース(レリーズ?)方式のシートピンは使わないことにしました。

gt2401115.jpg
駆動系は、チェンリング34T リアスプロケット11~34T 10速

gt2401116.jpg
重量には気を使ったつもりですが、あまり軽くならず・・・10.64Kg
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして半世紀。
いまだに、70年代の自転車が好きです。
備忘録もかねています。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR