HOME   »  部品
Category | 部品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアディレーラコレクション

リアディレーラーディスプレイを使って、手持ちの後変速機を画像に収めてみました。
こうしてみると、それぞれ、なかなか味がありますねぇ。(自己満足)

パーツ箱から発掘してきてディスプレイして写真撮って・・・・・・ほくそ笑む。
バカバカしさ満点ですが、結構楽しんでしまいました。
ご笑覧ください。


カンパニョーロ レコード  
プラプーリーの最後期のもの
立川のなるしまフレンドで購入

campanuovo0911.jpg
カンパニョーロ ヌーボレコード PATENT-73
数年前にヤフオクで元箱新品を落札した。

campasuperrecord0911.jpg
カンパニョーロ スーパーレコード PATENT-75
DE・ROSAにアッセンブルされていたもの。

allvit0911.jpg
ユーレー アルビー 70年代中ごろのものだと思う。

simplex0911.jpg
サンプレックス 
機種が分からない。
プレステージとクリテリウムの混成のような感じ。
関戸橋で入手したものなので、ニコイチで作られた可能性も

cyclone0911.jpg
サンツアー サイクロン 取り付けボルトが沈むタイプ
志木のヨシダで購入

superbe0911.jpg
サンツアー シュパーブプロ 8速
ヤフオクで落札

duraace0911.jpg
77系デュラエース
ヤフオクで落札
スポンサーサイト

カンパニョーロ スーパーレコード RD その後

先日の報告にて、TOEIパスハンターにカンパニョーロのスーパレコードの変速機を使ってみる検討しました。
その際、ワイドなギアのパスハンターで使えるかどうか、はっきりしないので、まずは実装してみて確認して見ることに。
チェンリングが40/26tのダブル、フリーが13~23tの5速ですからトータルキャパシティーは24t以上が必要となります。
感覚的な私の読みでは、2次型のスーパーレコードRD(ヌーボスーパーレコードRD)だったらなんとかなりそう・・・
ということで、やってみました。
以下をご覧ください。


上段:チェンリングアウター40t×フリートップ13t
下段:チェンリングアウター40t×フリーロー23t

campsr84105162.jpg
上段:チェンリングインナー26t×フリートップ13t
下段:チェンリングインナー26t×フリーロー23t

ちょっとギリギリという感じなのですが、何とか使用できそうですね。
とりあえず、この構成で、TOEIパスハンターのメンテナンスを進めようと思います。

カンパニョーロ スーパーレコード RD

TOEIパスハンターをメンテナンスするにあたり、クランクを変えましたので、そのついでに、駆動系をまとめて変えてしまうと思っています。
もともとは、80年代に組んだ自転車なので、ストロングライト49D,サンプレコピーチェンリング、アルビーのアンサンブルといった、フレンチパーツを多用したアッセンブルだったのですが、今回は、フレンチ色を出さず、できれば、若干の軽量化をはかるような検討してみました。
で、その結論は、【パスハンターだけど、変速機には、昔のカンパニョーロのスーパーレコードアンサンブルを使ってみようか。】ということに。
これだったら、ずいぶん雰囲気も変わるだろうし、軽いし、性能は間違いないし、手持ちもあるし・・・。
心情的には、もう大昔に現役を退いたとはいえレース用の機材を、遊びのパスハンターに使うのはちょっと申し訳ない気がしないではないのですけどね。
まぁそれはさておき、現実的な話として、レース用の変速機ですから、リアディレーラーのキャパシティーは大きくありません。
この辺が使えるかどうかのポイントになりそうですので、ちょっと考えてみます。
今回、チェンホイールはTAシクロツーリストの40、26tのダブル、フリーは、サンツアーのウイナープロ 5速で13~23tを予定しています。
従いまして、トータルキャパシティーは24tが必要になります。
しかしながら、カンパニョーロのヌーボレコードRDのトータルキャパシティーは最大23tですから、普通に考えれば、カンパニョーロのヌーボレコード同様スーパーレコードも使えないはずです。
ですが、プーリーゲージがヌーボレコードと違う2次型のスーパーレコード(世間では、ヌーボスーパーレコードと言われているようですので、以下この呼称をあてます)であれば、もう少しキャパシティーが大きいのではないかと推測しています。両者を比べて見ますと、プーリゲージの回転中心(=テンションボルトの位置)が違います。
ちょうどサンプレックスRDのプーリーゲージの、CPとTタイプの違いのような感じです。
感覚的ですが、キャパシティーが少し大きくなっている気がします。
まずは、実装してこの辺のことを確認してみようと思います。
結果次回報告できるかと思います。

campasrnewold.jpg
左:1次型スーパーレコード 右:2次型スーパーレコード=ヌーボスーパーレコード
画像ではわかりずらいですが、2つのプーリーのピッチ間隔は、同じですが、テンションボルト取り付け位置が違います。

サンエクシードクランク

TOEIパスハンターには、もともとストロングライト49Dクランクに自作のサンプレコピーのチェンリングを組み合わせたものを組み込んでいました。
歯数は44t/30tのダブルなのですが、今回のメンテに当たり、もっとオジサン仕様ということで、小さいギア歯数を検討しました。
幸い、手元にTAシクロツーリストの40t/26tがありますので、これを使うのが、簡単!お手軽!ということで、ここまでは、簡単に決まりました。
で、普通に考えれば、クランクはそのままストロングライト49Dを使えば、万事問題ないわけですが、あろうことか、メンテ分解の際、ストロングライト49Dの左側のクランクのネジ(ぬき工具を取り付けるところ)を痛めてしまいました。
このネジを痛めてしまいますと、クランクを抜く際に、ぬき工具が使えなくなってしまうので、簡単にはクランクを取り外すことができなくなってしまったわけです。
こうした場合、ちょっとした工夫で、ぬき工具を使用せずともクランクをなんとか抜く方法があるにはあるのですが、それが、ちょっと手間がかかる方法で、面倒くさい。つまりは、とても扱いづらいクランクになってしまったわけです。
困った!使って使えないことはないけど、このまま使い続けるのも・・・・いかがなものか。

で、迷ったのですが、ちょっと近代化する意味からも、現行品のサンエクシードのクランクを使ってみることにしました。


こんな感じになります。デザイン的にはいいんじゃないでしょうか。

ところで、このクランクの5ピンのPCDちょっと厄介です。
微妙にTAやストロングライトの5ピンのPCDと違っているようです。
サンエクシードクランクの5ピンPCDは、Φ50.0(メーカー公表値)
TAは、私の実測値ですが、Φ50.3~Φ50.35(N=3の測定です)
わずかにPCDが違っている・・・・
無理に組むと何とか組めてしまうかもしれませんが、ちょっと気持ちがよくありません。
クランクの取り付け穴を修正しました。

それともう一つ
BBは、TANGEのLN-7922 118mm113mmで最初組んでみたのですが、これで組むとチェーンラインが44~45mmぐらいになるようで、このパスハンターにはちょっとクランクが外側すぎるようです。
というのも、フリー側のチェンラインを実測しますと、41~42mmなので、あと2~3mmほどクランクを内側に入れたほうがよろしかろうということで、少し検討してみました。

LN7922dmn0426.jpg
この表より、軸長107mmのほうがよさそうです。
Qファクターも小さくなりますし。
で、軸長107mmのBBを、また購入するはめに・・・・

で、結果ですが、107mmを組み込み、チェーンラインを実測しますと、41.5mmぐらいになりましたので、たぶんこれでOKのはずです。


グランボア センタープルブレーキ その後

先日、TOEIパスハンター用に、グランボアのセンタープルブレーキを購入した旨の報告をいたしました。
早速、組み付けてみたのですが、ちょっと苦労しました。
初めに何気なく組み付けてみたのですが、あれっ!と思うようなことが・・・・


上記画像なのですが、ブレーキシューをセットした後だと、リターンスプリングが掛けられないようです。
船をセットする前にスプリングをかけてしまえば、なんということはないのだけれど、個人的にはちょっと気に食わない。

それと、・・・
この凝ったトーイン調整機構?
組みにくかった・・・

悩んだ末、ちょっと改造してやろうかと
で、以下のような作図をしてみました。
gb263204172.jpg
これでしたら、スプリングをあとからでも掛けられるはずです。また、トーインは、1.5°を最初につけておき、調整機構無しでも、OKとしました。
必要であれば、上図の0.35寸法を現物合わせで修正し、トーインを調整すれば、対応できます。

で、早速必要部品を安物中華旋盤で作ってみました。
gb263204173.jpg
材質は、A7075です。
ヘタクソな自作品ですが、まぁ使用するには問題ないと思います。

gb263204174.jpg
改造前後で、比較するとこんな感じ

gb263204175.jpg
組み付けるとこんな感じになります。見た目もシンプルで案外いいかも。
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。