HOME   »  2011年04月
Archive | 2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマイトの剥離

2年はど前でしょうか、20個まとめてサンツアーのチドリを購入しました。
黒色のアルマイトを施されたもので、黒色のためか投げ売り状態で、1個あたり60円で購入しました。
当時はもうマファックのチドリを買い求めようと思っても、すでに入手しづらい状況で、仮に販売されていたとしても高価だったと思います。それでこの黒いやつでもいいかと、安いことも手伝って20個まとめ買いしたわけです。

チドリ剥離前


購入後、パイプフィニッシュでアルマイト剥離ができると聞いたので、試しにやってみました。
上の画像で、一つだけアルミ色のチドリがその剥離したものなのですが、処理速度も遅く、仕上がりもいま一つの感がありますので、なにか専用の剥離液がないかとネット上で探してみたところ、モンキーダンクというものを見つけましたので試しに購入してみました。

monkeydunk3.jpg

このモンキーダンクなるものがどのようなものなのかよくわからないのですが、アルミ用の化学研磨液と考えてよさそうです。
販売元によると、モンキーダンクを原液~6倍に水で稀釈したものをステンレスかホーローの容器(鍋)に入れ、コンロ等で、70~100℃に加熱し、アルマイト剥離したいものを浸漬するとあります。
個人的にひっかかるのは、この素性のよく分からない液体をコンロで加熱して70~100℃にすることで、これをやるのは少し怖い感じがします。
まぁ、乗りかかった船です。屋外で小規模にやる分には、それほど危険なことはないだろうということで、とりあえずやってみました。
私の場合は、300cc程度の3倍希釈液を作り、これをコンロで加熱しました。
処理速度ですが、充分満足できるもので、2分程度でほぼ剥離完了となりました。

やってしまえば、とても簡単にアルマイト剥離できますので大変よろしい商品だと思うのですが、コンロで加熱するのは、やっぱり抵抗がありますね。

tidorihakurigo.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。