HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  TOEIランドナー  »  TOEIランドナー組み立て BB組み込み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIランドナー組み立て BB組み込み

本日、BBを組み込みしました。
組みこむBBは、チタンアクスルのBBで、WORLD CLASSというメーカものです。
このBBの選定については、以前に報告していますので、選定についての詳細はこちらを確認頂きたいのですが、このBBとTAの5ピンクランクを組み合わせて使います。
その時の寸法関連については、各部品寸法を実測してCAD図におとして、どのように組めばチェーンラインが正しく出るか確認してあります。以下がそのCAD図です。

BBASSYsunpoCAD.jpg

狙うチェーンラインは、カンパニョーロ準拠の43.5mmです。
これを出すためには、BBラグの右側のフェイス面から7.4mmほど右BBワンが出っ張るように組めば良いことが、上図CAD作図から判りましたので、これに従いBBラグの右フェイス面より7.4mmはどワンが出っ張るようにBBを組み込みいたしました。
ただ7.4mmもワンが出っ張りますので、見た目に少々不自然であることと、ネジの露出が気になりますので、出っ張ったネジ部に軽合の逆ネジのロックリングを取り付けることとしました。

WORLDCLBBASSY.jpg

これで、CADの作図通り、チェンラインは出るはずです。
ただ、各部品の測定誤差の累積はありますから、クランクを入れてみて正しいかどうかを確認することにしました。

CLINEsokutei.jpg

確認方法はシートチューブとチェンリングのアウターギアのクリアランス寸法を計ります。
CAD作図で31.4mmとあるところです。
だた今回はクランクを本圧入するのは、抵抗がありましたので、BBフィキシングボルトを軽く締めこんで、
この寸法を測定しました。
この状態で、32.3mmです。
31.4mmのときチェンラインが43.5mmになることがCAD作図より判っていますので、今の状態でチェンラインは、44.4mmとなっているはずです。
本締めすれば、おそらく1mm程度は深く圧入されるはずですから、その時のチェンラインは、43.4mm前後になり、だいたい読み通りになることが確認できました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。