HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  部品  »  シートピラーいろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートピラーいろいろ

カンパニョーロが自転車パーツの頂点に君臨していた70年代、さまざまなカンパニョーロのコピー品が作られました。
その中でも、2本締めのシートピラーについて言えば、その亜流も含めていろいろなコピー品が存在していました。
国産でいえば、フジタのヒューペルライダー、栄のロイヤル、スギノのマイティーなどです。
先日、ガレージを整理した際に何本か出てきました。
チョット珍しいものもありましたので、折角ですから体重測定をして画像をアップしてみようと思います。

campsr.jpg
本家 カンパニョーロ スーパーレコード 2本締めタイプ。
すぐに一本締めのタイプに代わってしまったので、比較的流通量は少ないと思われる。

sakaeesl.jpg
栄 ロイヤル エキストラスーパーライト 過激な肉抜き、チタンボルトを使った軽量品
実測すると本家のカンパ スーパーレコードより20gほど軽いようです。

suginomighty.jpg
スギノ マイティー 

suginotool.jpg
スギノのサドルスパナ。専用工具だけれども・・・

画像以外にも海外のものを含めれば、まだまだ多くのコピー品がありそうです。
こういった多くのコピー品が存在するという事は、構造的に、とてもよくできたものだと思うのですが、
パテントはどうなっていたのだろうかと思ってしまいます。

ところで、当時の私は、このカンパニョーロの2本締めのピラーよりサンプレやそのコピー品(フジタベルトや栄のP3)がお気に入りでした。
あくまでも見た目の問題なのですが、サンプレタイプの方が、やぐら部分がサドルの中に隠れてしまうので、すっきりとみえてカッコがよろしいというのがその最大の理由です。
また、重量を比較してみても、フジタのベルトピラーは、相当に軽量で、とてもよい製品だと考えていました。
いまだに新しい自転車を組もうとした時、このベルトピラーがあればなぁと思う事が少なからずあります。
ただ残念なことに、これを入手するのは、なかなか難しいようです。
もしかしたら本家のサンプレックスより入手は難しいかもしれません。
皮肉なことですが、何本か手持ちのあったフジタ ベルトピラーは、手元にほとんどなくなってしまいました。さんざん使用したせいでしょうか、キズ等で見苦しくなったため多くはずいぶん前に廃棄してしまい、僅かに一本だけ手元に残っているだけとなってしまいました。

fujitabelt.jpg
少しでも軽くするため、短くカットしていますの重量は参考になりませんが、カット前で200g程度だったと記憶しています。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。