HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  masi prestige  »  フレームポンプ<シリカ インペロ>の丈つめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームポンプ<シリカ インペロ>の丈つめ

先日塗り替えから上がってきたMASI prestigeですが、これを完成させる部品は、
もともとこれに組み込まれていた部品を使い、それでも不足するものは、暇をみてすこしづつ集めていました。
そんなことで、ほとんどの部品は揃っていますが、小物などを含めまだ足りないものがあります。
その中の一つが、フレームポンプです。
この時代のイタリア車のフレームポンプは、シリカ インペロが定番です。
手持ちのものを探しますと、シルバー色のシリカ インペロが見つかりました。
ただ、どう言うわけだか、私のフレームサイズには大きすぎるもののようです。
おおかた、間違って購入したとか、誰かに頂いたかしたものだと思うのですが、入手のいきさつが思い出せません。
普通であれば、新たに購入すれば済むことなのですが、もう簡単には手に入らないでしょうから、
今回は、サイズを、短くつめて使用することにしました。
ただこれをやるにはちょっとした裏技があります。(むかし、長谷川自転車商会で教えてもらいました)
サイズ丈をつめるにあたって、一番問題になるのが、ポンプ本体のメネジをどうやって作るかですが、この裏技を使うと意外と簡単にできます。ちょっと面白い裏技なので紹介いたします。
以下画像ご覧ください。

silicanejikiri.jpg
これが何かわかりますか?
もともとは、シマノのクランク抜き工具です。
これを解体し、ネジ部に4ヶ所切りこみを入れてあります。
実は、この工具のネジ部とシリカインペロに切られているメネジがぴったり合うのです。
これでポンプ本体にメネジを切ることができるのです。
この<タップもどき>を使って、ポンプ本体のメネジを深くしていき、必要な長さでカットすれば良いわけです。
ポンプ本体は樹脂ですから、こんな<タップもどき>でも簡単にネジ切りできます。

silicakakou1.jpg
<タップもどき>を使ってネジ切りをしています。
緑のテープは割れ防止です。
ネジ切り時にポンプ本体を押し広げるように力が掛かります。きつく巻いて、広がるのを防止し、割れを防ぐようにしました。

silicakakou2.jpg
画像では分かりづらいかもしれませんが、15mm程の深さまでネジが切れています。

silicamejikiritool.jpg

silicamasi.jpg
20mmほどつめました。
ちょうど良い長さです。



スポンサーサイト
Comment
目から鱗
以前、長すぎるポンプを短くしたいと仲間に尋ねられて断ったことがありますが・・・さすがですね。

いや~お見事です。
Re: 目から鱗
長谷川さんから教えてもらった裏技なんですが、聞けば長谷川さんも来店したお客さんから教えてもらったとのこと。
口づてに伝わる伝承技!といことですね。

ところで、この<タップもどき>ですが、必要とあらば、どなたにでも、お貸ししますよ。
私自身これを使ったのが今回を含め2回目とほとんど活躍の機会がありません。
今後も、あまり使う事はなさそうですから、必要とあらば・・・

> 以前、長すぎるポンプを短くしたいと仲間に尋ねられて断ったことがありますが・・・さすがですね。
>
> いや~お見事です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。