HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  私の自転車  »  私の自転車の紹介 ~TOEI スポルティーフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の自転車の紹介 ~TOEI スポルティーフ

2005年にオーダしたTOEI スポルティーフです。
舗装路走行前提の日帰りサイクリングに使用するのが目的です。
70年代をイメージしたものですが、パーツ選定は、あまり時代にこだわらず軽いことを優先し軽量化を図りました。
電装(LEDバッテリーライト)込みの画像の状態で、8.5kg程度に収まっています。
軽量スポルティーフと言ってよろしいのではないかと思います。
バッグの装備については、アタッチメントを介して取り付ける小型のフロントバックかサドルバックを使用することを前提しましたので、スポルティーフではありますが、フロントキャリアは付けていません。
電装は、オーダー当初、ブロックダイナモを使用するつもりでしたが、手持ちのソービッツのブロックダイナモが不調で、使用できず、しかたなく、フロントフォークに直付けしたブロックダイナモ取り付けステーにLEDバッテリーライトを付けて、置き換えてみました。実際に使用しますと、照度も充分で電池の持ちもよく大変実用的であると思いました。
ライトの取り付け方法にもう少し工夫が必要かと思いますが、当面このまま使用するつもりです。

フレーム:カイセイ017 カンパニョーロスーパーレコードピスタヘッド、ハンドル:3tttスーパーレゲロ TdF、ステム:栄ロイヤルESL、サドル:サンマルコストラーダ チタンレール、ピラー:USE エイリアン アルミニウム、クランク:カンパニョーロ グランスポーツ3アーム、チェンリング:CT’s46/36T、BB:カンパニョーロスーパーレコード初期中空チタン軸、フリー:サンツアーマイクロライト6S(13~21T)、チェン:レジナSL、Wレバー:カンパニョーロレコード、FD:カンパニョーロスーパーレコード、RD:カンパニョーロスーパーレコード、ブレーキ:カンパニョーロレコード ノーマルサイズ、ブレーキレバー:カンパニョーロスーパレコード、ペダル:サンツアーシュパーブピストチタン軸、トークリップ:カンパニョーロ 軽合、ストラップ:ビンダ、ハブ:カンパレコードSF+コントロールテックチタンスキュアー、スポーク:DTレボリューション1.8X1.5mm+アルミニップル、リム:カンパオメガ19 700C WO 32H、タイヤ:コンチネンタルグランプリ3000 (700×25C)、インフレーター:アドホックコンペティション、ドロヨケ:本所

TOEISP111.jpg

TOEISP2.jpg

TOEISP3.jpg

TOEISPH.jpg
ヘッドラグ周辺 
ワイヤー類は少しでも軽くするため、内臓せず。
リアブレーキワイヤーのアウター受けは、自作したオリジナルのアウター受けを直付けしてもらった。

TOEISPSDL.jpg
シートラグ周辺

TOEIRD.jpg
アルミピッボットボルトのカンパニョーロ スーパーレコードRD

TOEISPCH.jpg
カンパニョーログランスポーツ3アーム+CT’s製のチェンリング46/36T

TOEISPRIM1.jpg
カンパニョーロ オメガ19 32H 最近入手が難しいバフ仕上げの700Cリム

TOEISPLED.jpg
LEDバッテリーライトの取り付け部
少々無骨な感じなので、もう少し洗礼されたデザインの取り付け金具を再制作しようと思う。
スポンサーサイト
Comment
すばらしい自転車ですね。
はじめまして。
偶然ブログを見つけ、一気に読ませていただきました。
自転車には素人なのですが、年齢を重ねる中で車趣味から
自転車への興味が高まってきました。
ロードやスポルティーフの自転車を調べている中で
このTOEI製のスポルティーフを知りました。

今、ARAYAのエクセラのスポルティーフを検討しているのですが、
TOEIにオーダーするという選択肢は、自身だけの自転車が
出来上がると言う意味でも素晴らしいですね。

自転車の事に詳しくない為、
同じような仕様でオーダーする場合、
いくら位必要なのでしょうか?また期間はやはり10ヶ月程度必要でしょうか?
色は、ブログ主さまお持ちのデローザのようなアイボリーを希望しているの
ですが、好みの色に着色は可能でしょうか?
こうした点を知りたく思っています。

また、自身が関西在住なので、関西圏でTOEIを
オーダーできる所があるかどうかも調べたいと思っています。
(月の半分は首都圏にいますので、直接オーダーにも伺えますが、
いかんせん知識がなさ過ぎて。。)

色々素人ならではの点をお聞きする事も
あろうかと思いますが、わかる範囲で
お教え頂くとともに、時どきコメントさせて頂く事を
お許し頂ければ嬉しくおもいます。

楽しいブログをありがとうございます。

はじめまして
はじめまして。
コメントありがとうございます。

TOEIのオーダーについてのご質問ですね。
わかる範囲でお答えしますね。
まず基本的なこととして、オーダーと言ってもいろいろな形態があります。
自転車一台完成品としてオーダーする方法もあれば、フレームのみオーダーする場合もあります。
また、そのフレームについても、すべて詳細に指定する完全なフルオーダーもあれば、TOEIスタンダードフレームのオーダという選択肢もあります。
これは、どういうものかと言いますと、細かい寸法や仕様についてはあらかじめ決まっていますが、フレームサイズ、塗装色、メッキ、などを限られた項目にについてオーダーができるものです。(勿論アイボリー色も指定可能です)
その分、コスト的にも抑えられているようですし、もしかしたら納期もフルオーダーに比べれば短いかもしれません。
スタンダードなどと言うと、普及品などという感じがしますが、決してそのようなことはなく、TOEI社の長い歴史の中で培われた由緒正しきスタンダードです。むしろ、間違いのないものです。
はじめてあれば、これがお勧めです。

関西圏でTOEIを扱っている自転車店はいくつかあると思います。
私は残念ながら関西圏の事情に疎いので、どの店がよいとか判らないので何とも言えないのですが、
探せば良い自転車店は、あると思います。
直接TOEIに出向いて直接オーダーするのも悪くはないですが、近くの自転車店を通じていろいろ相談するほうが、あとあとのメンテナンスなど考えれば、よろしいかとおもいます。
ご質問の納期ですが、混み具合で変わってきます。
10か月かかるというのは私がオーダーした当時の情報で今の時点ではまた違っているかもしれません。
改めて、自転車店を通じて納期や金額などを確認するのが間違いないかと思います。

No title
komayatabeさま

丁寧な返信恐れ入ります。
正直、ARAYAのスポルティーフを買って、まず楽しみ方、スタンダードを充分に理解した上で
TOEIにオーダーする方が良いんだろうと感じているのですが、やはり良い物でスタートする事も大事なように思っている状態です。

いわゆるスタンダードモデルのオーダーで、まず一台造ってみようかと思います。
首都圏の「玄」というお店が良いようなので、一度アドバイスを求め訪れてみようかとも
思います。

非常に楽しそうなサイクルライフを楽しまれている様で羨ましいです。
私も、ゆっくり楽しみたいと思います。
またコメントさせて頂きますね!(進捗も)

ありがとうございます。




Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。