HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  QUARK  »  チューブラーツーリング車 荷物搭載について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューブラーツーリング車 荷物搭載について

チューブラーツーリング車の荷物搭載について少し検討してみました。
とりあえずいけそうな方法としてサドルバッグを使うことを予定しています。
輪行日帰りが前提ということで、サドルバッグは、手持ちのキャラダイス バーレイ
取り付けには、同社のバッグサポーターを使用しようと思っています。

carradacebag0529.jpg

nimotutousai4.jpg

ちょっと場当たり的ですが、手持ちのロードを使って、どうなるのか確認実験?をしてみました。
厳密には、フレームスケルトンは違うので、正確さは、若干欠けると言わざるを得ませんが、
雰囲気はわかると思います。

nimotutousai1.jpg

nimotutousai2.jpg

まぁなんとかいけそうな感じなんですが、
ちょっと気になる点が・・・

nimotutousai3.jpg
短足ゆえの問題なのですが、バッグとタイヤのクリアランスが・・・・
走行時の振動によるサポータのたわみを考慮するとちょっと気になります。

それと、このバッグサポータですが、結構重いです。
実測いたしますと414gありました。
なるべく軽く仕上げるつもりでしたので、ちょっと面白くありません。
で、その原因を探ってみました。

carradicebunkai0529.jpg
キャリア部はΦ7mmのステンレスのムク材でこれが重いようです。
これだけで実測277gあります。
もう少し重量を抑えるにはこれを何とかする必要がありそうです。
ちょっと考えてみようかと思います。
スポンサーサイト
Comment
また作られるんですね
komayatabeさんなら、またパイプで作られるんでしょうか?
楽しい記事が読めることを楽しみにしています。
Re: また作られるんですね
う~ん 考え中です。
外形Φ8、肉厚1mmのステンレスパイプで置き換えてしまうのもいいかも。
計算すると、100gほど軽くなり、若干ですが変形しにくくなるようです。
やってみる価値はありそうですね。
もう少し考えてみようかと思います。

> komayatabeさんなら、またパイプで作られるんでしょうか?
> 楽しい記事が読めることを楽しみにしています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。