HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Le jeune  »  LE JEUNE クルスルート その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LE JEUNE クルスルート その2

ルジュンのクルスルートですが、新たに車輪を組むつもりで検討を始めました。
その際、クルスルートですから、それに見合ったパーツでと思っているのですが、なかなか・・・・
幸いリムについてはスーパーチャンピオンのアルカンシェルの32hが手持ちにありますので、これを使います。


実測346gのまぁまぁ軽量のリムです。70年代のクルスルートであれば、ぴったりの選択で、これで決まりとなりますが、ハブに適当な手持ちがありません。
フレンチパーツということであれば、ペリシェ、マイヨールなどのハブということになるのでしょうけれども残念ながら手持ちにありません。
個人的なことを申せば、これらのハブが普通に入手できた時代であっても、ハブは、カンパか国産と決めていましたから、入手することは勿論、手に取って見たこともなかったように思います。
そんなわけで、当然、これらのハブについての知識もないので、オークションでの入手も気が引けます。
で、フレンチハブはあきらめ、手持ち品を活用しようということで、初代のDURA-ACEの5速用のラージフランジハブを使うことにしました。

1stduraacelfqr32.jpg
これでしたら、品質は確かですし、デザインも個性があって個人的には悪くないと思っています。
また、フリー取付け部のスレッドはBSCですから、サンツアーフリーを常用している私には、使いやすいといえます。
ただ、フレームのリアエンド幅とリアハブのオーバーロックナット寸法がアンマッチで、これを何とかする必要がありそうです。
フレームのリアエンド幅は、実測しますと122.8mm、リアハブのオーバーロックナット寸法は、120.7mmです。
そういえば、フレンチハブでリアのオーバーロックナット寸法が122mmっていうのが、結構ありましたよね。

で、どうするか・・・フレームをいじるか、ハブをいじるかですが、ハブを122mmにしてしまうのが、簡単で手っ取り早い感じです。
次回この検討をしてみます。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。