HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Le jeune  »  LE JEUNE ボトルゲージ試作3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LE JEUNE ボトルゲージ試作3

前回の試作報告でほぼ出来上がったLE JEUNEのボトルゲージですが、少し走行してみた感じ、今一つ満足のいくものではありませんでした。
走行すると、ボトルのホールドが今一つでカタカタと異音が発生します。
ゲージの剛性不足に加え、ボトルのサイズがぴったりゲージに合っていないことが問題のようです。
で何とか改善するべく知恵を絞ったのですが・・・・現状を大きく変えないで改善するいいアイディアが浮かびません。
少し落ち着いて考えれば、金属性のボトルに水を入れ、そこそこの重さになったボトルを、たかだか Φ3ミリの針金のゲージでホールドすること自体、むずかしいのかなぁと思い始めています。
根本的に手を入れるとすれば、ボトルを入れてからパチン錠で締めて止めるような構造にする以外に思いつきません。
ですが、そんな構造のボトルゲージを素人が作るなど、ありえません。
となると、・・・降参です。

で、とりあえずできることをということで、可能な限り、ボトルゲージとボトルがぴったり合うようにゲージをいじって合わせこみそのうえで以下のような飛出し防止ひもを追加して、一応の区切り、完成としました。

飛出し防止1

飛出し防止2

飛出し防止3
Φ2ミリのナイロンロープを使った。
場当たり的でチープな感じでしょ

lejeune140205.jpg
不完全ながらボトルゲージもついたので、LE JEUNEもこれで完成ですかね。
ということで、区切りの記念撮影です。






スポンサーサイト
Comment
いやぁ、上手いこと作りましたね。ロウ付けが出来ると手作りも素人工作の域を超えていて素晴らしいです。磨いたボトルも映えますね。
Re: タイトルなし
見た目は上手くいったと思ったんですけど・・・・
もう一歩ってとこでした。
ロー付ですが、全くの自己流です。だけど、やってしまえば意外と簡単ですね。
ただ、信頼性は?ですから、万一壊れても、笑って済ませられるものだけにしています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。