HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  部品  »  サンエクシードクランク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンエクシードクランク

TOEIパスハンターには、もともとストロングライト49Dクランクに自作のサンプレコピーのチェンリングを組み合わせたものを組み込んでいました。
歯数は44t/30tのダブルなのですが、今回のメンテに当たり、もっとオジサン仕様ということで、小さいギア歯数を検討しました。
幸い、手元にTAシクロツーリストの40t/26tがありますので、これを使うのが、簡単!お手軽!ということで、ここまでは、簡単に決まりました。
で、普通に考えれば、クランクはそのままストロングライト49Dを使えば、万事問題ないわけですが、あろうことか、メンテ分解の際、ストロングライト49Dの左側のクランクのネジ(ぬき工具を取り付けるところ)を痛めてしまいました。
このネジを痛めてしまいますと、クランクを抜く際に、ぬき工具が使えなくなってしまうので、簡単にはクランクを取り外すことができなくなってしまったわけです。
こうした場合、ちょっとした工夫で、ぬき工具を使用せずともクランクをなんとか抜く方法があるにはあるのですが、それが、ちょっと手間がかかる方法で、面倒くさい。つまりは、とても扱いづらいクランクになってしまったわけです。
困った!使って使えないことはないけど、このまま使い続けるのも・・・・いかがなものか。

で、迷ったのですが、ちょっと近代化する意味からも、現行品のサンエクシードのクランクを使ってみることにしました。


こんな感じになります。デザイン的にはいいんじゃないでしょうか。

ところで、このクランクの5ピンのPCDちょっと厄介です。
微妙にTAやストロングライトの5ピンのPCDと違っているようです。
サンエクシードクランクの5ピンPCDは、Φ50.0(メーカー公表値)
TAは、私の実測値ですが、Φ50.3~Φ50.35(N=3の測定です)
わずかにPCDが違っている・・・・
無理に組むと何とか組めてしまうかもしれませんが、ちょっと気持ちがよくありません。
クランクの取り付け穴を修正しました。

それともう一つ
BBは、TANGEのLN-7922 118mm113mmで最初組んでみたのですが、これで組むとチェーンラインが44~45mmぐらいになるようで、このパスハンターにはちょっとクランクが外側すぎるようです。
というのも、フリー側のチェンラインを実測しますと、41~42mmなので、あと2~3mmほどクランクを内側に入れたほうがよろしかろうということで、少し検討してみました。

LN7922dmn0426.jpg
この表より、軸長107mmのほうがよさそうです。
Qファクターも小さくなりますし。
で、軸長107mmのBBを、また購入するはめに・・・・

で、結果ですが、107mmを組み込み、チェーンラインを実測しますと、41.5mmぐらいになりましたので、たぶんこれでOKのはずです。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。