HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  TOEIランドナー  »  TOEIランドナー用の部品集めてます(BB)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIランドナー用の部品集めてます(BB)

先日、TOEIランドナーにTAシクロツーリストのチェーンホイールをつかう旨を報告いたしましたが、BBについては、純正品にこだわらず、社外品の使用を視野にいれて検討することとしました。
それで、TANGEのLN7922とTAのトリプル用BB(373)について検討しましたが、もう一度、もう少し現実的な形で検討してみました。
前回の検討作図でA寸法を定義しましたが、これが変われば、チェンラインは変わってしまうわけですから、何とかこれを知ろうと思った次第です。

1.TA トリプルBB(373シャフト)

この画像のAを測定しました。このクランクは373のシャフト以外のシャフトは圧入していませんので、この圧入痕は373のシャフトでつけたものに間違いありません。
したがいまして、この圧入痕の位置を測定することとしました。
しかしながら、これを正確に測定するのは切断でもしない限り難しいのですが、ノギスのデプスバーで何とか測定しました。多少正確さを欠きますが、2.5mmと判断しました。

TAmigi.jpg

この結果より以下の作図となりました。

373kentou.jpg


チェンラインは44.9mmです。1.4mmほど外側に行ってしまいますが、許容できる範囲だと考えています。

2.TANGE LN7922 118

これについては、Aは右クランク3.1mm、左クランクが4.2mmとしました。
どうやって求めたかといいますと、左クランクを実際に圧入して実測しました。

7922hidari.jpg

これでA寸法を測定しました。
右クランクは、左クランクを圧入するときにフィキシングボルトを締めるとどれくらい入っていくかを確認し、その実績より予想したものです。
私の持っているクランクは右クランクの方がテーパー穴が大きいようで、深く圧入できるようです。
その結果、Aは右クランク3.1mm、左クランクが4.2mmとなりました。
この結果から右ワンに2mmのスペーサを入れたものを作図しました。

LN7922kentou.jpg

チェンラインは44mmです。チェーンラインをほぼぴったり合わせることができます。

以上2つのBBを検討しましたが、結果的にはどちらのBBでも使用できそうです。
どちらを使用するかですが、TANGEの方はスペーサーをかませなければいけませんので、あとあと面倒くさい感じです。
一方TAのBB(373シャフト)は、チェンラインがわずかに外側にずれますが、この程度のずれは、問題ないと考えています。そうだとすれば、こちらを使用する方が無難と判断しました。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。