FC2ブログ
HOME   »  SW デモンタ  »  SW デモンタ その後

SW デモンタ その後

昨年9月に一応の出来上がりとなったデモンタですが、その後いくつか部品を入れ替えています。
一番大きなところでは、グランボアのフリーハブを普通のボスフリーのハブに変更しました。
というのも、カンパニョーロのポルタカテナとフリーTOP歯のクリアランスを調整するべくハブ軸を追加工した際、曲げて壊してしまい、しかたなく手持ちのボスフリータイプのハブ、フリーを使うことに。
それで、ハブは74デュラハブ、フリーはサンツアーニューウイナーの組み合わせとなったのですが、結果的に重量が増えたわけです。
swdvrhab.jpg
74デュラエース スモール 36H + ニューウイナー5S 14~26T

ただ、そのまま重量が増えたままというのは、ちょっと面白くないので、たまたま手元にあったチタン製の中空ハブ軸をデュラハブ前後に組み込みました。それでも、当然ですが、この程度の軽量化では、この重量増は、吸収できません。ほぼ気休めといった感じでしょうか。
それで、BBをチタンにするべく検討を始めました。
クランクはストロングライト99です。
今時、ストロングライト純正のW用チタンBBを入手するなど、ほぼ不可能ですから、入手可能な現行品でということで検討した結果、113.5mmのシマノテーパーの軸をもつBBが使えるかもしれないと思うに至りました。
(推測としては、ストロングライト純正軸よりシマノテーパーのほうが若干太いため、クランクを圧入した際2~3mm浅く入ると読みました。)
それで、ダメもとで以下を入手してみました。
TOKEN TK868CT1131
TOKEN TK868CT 113.5mm JIS

これを慎重に分解し、関連しそうな寸法を当たってみると・・・以下
TOKEN TK868CT113

上記より、軸を左右反転し、チェンラインを合わせるべくスペーサーなどを作り、以下のようなものをでっちあげました。
YK868CTkei.jpg
tiBB1135171g.jpg
171gです。 まずまず軽量

で、肝心の使用の可否ですが、特に問題なく使用できました。(無駄な買い物にならないで良かった!)
その後、前々回、前回報告したチドリとネジ類を組み込み今に至ります。
swdv06231.jpg
ついでに重量を測定すると
swdv06232.jpg
10.24Kgです。
ここまでやりますと、9Kg台を狙ってみたくなりますよね。
ちょっと考えてみようと思います。
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR