fc2ブログ
HOME   »  シクロレプリカ  »  ヘリコイド式ディレーラーの試作

ヘリコイド式ディレーラーの試作

先日のSLTMで、Fさんが持ち込まれたゴエランにちょっと触発されまして、
ヘリコイド式ディレーラーの試作を始めました。
元ネタは、シクロランドナーで、数年前にヤフーオークションで安値で落札したほぼジャンク品の3速用を手本に構想を練ることにしました。
以下、その3Vメカを分解した画像です。

cyclo3v.jpg
可動ストロークは、およそ16mmぐらいでしょうか。
16mmのストロークでは、5mmのスプロケット間隔で4速対応がやっとだと思います。
それで、今回は、ストローク26mmで試作することにしました。

上記画像を見ての通り、構造そのものは、とても単純です。
実際にこれを手本にして作るとすると、一番頭を悩ませるのが、筒状部品にどうやってヘリコイドのスリットを入れるかです。
普通に考えれば、なにか専用の治具を考えて・・・ということなると思います。
ですが、N=1のお遊び試作ですから、そういった専用治具を作るなんて現実的ではありません。
で、どうするか・・・
SLTMでそのへんのことをFさんに伺ったところ
多数の穴を連続的に開孔してそれをつなぎそれをスリット状にすることでイケるとのこと。
それに従い、やってみました。
以下ご笑覧ください。

jisakuderai0503.jpg
上段が、ヘリコイドのスリットを加工した筒状部品(材質はSUS303)
回転角5度ごとに軸方向0.6mm動かして4mmのエンドミルで開孔
それを45回も繰り返しました。
どうにか、形にはなりましたが・・・疲れました。
でも、ここまでできると、何とか先に進めそうな気になります。

それにしても、ゴールデンウィークに何やってるんだろう。
スポンサーサイト



Comment
いや~これは驚きました。
実は私も考えたことが有りましたが、ヘリコイド部が到底できそうにもなく諦めました。3速用でも薄歯の4速なら普通に作動しますが5速は無理ですね。
これは完成を楽しみにしています。
Re: タイトルなし
いや~ 自分でも驚いています。
ヘリコイドから作ろうなんて!
ただ、シクロを実際手に取って少しいじってみると、単純な構造で、現物は、結構ラフな寸法精度・・これだったらなんとかなるかもなんて、妄想してしまい試作を始めた次第です。
いまのところうまくいっているようです。
進捗がありましたら、またブログにて報告いたしますので、ご笑覧ください。

BSキャンピングの記事拝見しました。
今後の展開楽しみにしています。
ちなみに私も2枚肩好きです。








Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして半世紀。
いまだに、70年代の自転車が好きです。
備忘録もかねています。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR