fc2ブログ
HOME   »  シクロレプリカ  »  テンションスプリング再考

テンションスプリング再考

先日SLTMのランチネタとして、自作シクロレプリカを持ち込みました。
その際、RHさんよりテンションスプリングが弱いのではとのご指摘を頂きました。
確かに、その通りで、フロントインナーギア、フリートップで以下のようにチェーンがたるみ気味となってしまいます。

nisecycloct06291.jpg
さてどうしたものか・・・少しスプリング長さを詰めてみるか・・・などと思っていたのですが、RHさんより純正のスプリングをもとに試作したスプリング(仕掛品)の手持ちがあり、使う予定が無いのとのことで、それを頂けることになりました。(感謝!です。)

nisecycloct06292.jpg
上段が私が試作したスプリングで、下段が、頂いた試作スプリングで、両者の最も大きな違いは、その線径で上段がΦ1.0mmで下段が、Φ1.4mm
手で引いて伸ばした感じで明らかに、下段の方が硬いといえます。

で、早々に試してみようということで、片端は、フック形状にフォーミングし、フレーム側の固定小物を作成しました。
nisecycloct06293.jpg
フレーム側の固定小物は、キャリア取付用のM5/M6のボルトを追加工して、作りました。
先ずは、最適なテンションを探ることが先決と思いましたので、実験的にテンションを替えられるよう、このような小物になった次第です。

nisecycloct06294.jpg
固定小物のアップ画像です。
スプリング端部は、M6の袋ナットでどの位置でも自由に止められるので、チェンの張具合を見ながら最適な固定位置を検討。

nisecycloct06295.jpg
とりあえず最適と思える位置で固定。いい感じの張具合かなと思います。
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして半世紀。
いまだに、70年代の自転車が好きです。
備忘録もかねています。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR