HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  TOEIランドナー  »  TOEIランドナー用の部品集めてます(ハブ用のクイックレリーズ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIランドナー用の部品集めてます(ハブ用のクイックレリーズ)

最近は、ハブ用のクイックレリーズでチタン軸の軽量クイックレリーズが安価にて、いろいろ販売されています。
ですが、以前では、あまり考えられないことで、ハブとのセットで付いてくるクイックレリーズをそのまま使うのが普通でした。
そんな時代(70~80年代)に、軽量車を組むとなると、クイックレリーズについて出来ることといったら、せいぜいコニカルナットとクイックハウジングを軽合の物に変えることでした。
イタリアのFTやVIVA(東京サンエス)から発売していた軽合のコニカルナットとクイックハウジングがそれです。
これらのパーツですが、冷静に考えれば、軽量化の代償として、耐久性を犠牲にした感じがしないでもありませんし、得られる軽量化などたかが知れていますので、まぁニッチ商品と言えると思います。
ですが、このパーツたちは、<耐久性などを云々などと野暮なこといわないで!欲しい人だけが買ってくれればいいんだよ!>みたいな主張が感じられるパーツで、私自身は、ついつい手を出してしまうパーツでした。
幸い両者とも手持ちがあります。良い機会ですから、このどちらかをTOEIランドナーに使用するつもりです。

コニカルナットイロイロ

ハウジング訂正
参考までに重量測定してみました。
VIVA製のこれれのパーツをカンパニョーロに実際に組みこみますと、約40g程度軽量になるようです。
campagnoloクイックレリーズ
カンパニョーロ レコード クイックレリーズ 曲Q 173g

vivacampagnoloクイック
VIVAの軽合パーツを組みこんだもの 134g これをTOEIランドナーに使用するつもりです。



ところでこの手の軽量パーツですが、コニカルナットとクイックハウジングに限らず色々なものが過去に販売されました。
中には、これ本当に大丈夫なのか疑わしいものもあったと思います。
ですが、あくまでも自己責任で使うパーツですから、それもアリです。
繰り返しになりますが、<耐久性などを云々などと野暮なことをいう人は買ってくれるな!>と主張しているパーツたちです。PL法が広く浸透した現在では、なかなか考えにくいパーツたちです。
せっかくですから、次の機会に私が集めた、<この手の軽量パーツ>を体重測定をしながら紹介しようと思います。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
39_ホイールで疑問符を付けたクイックレリーズですが TOEIランドナー用の部品
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。