HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  TOEIランドナー  »  TOEIランドナーの電装について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIランドナーの電装について

昨年の10月にオーダーしたTOEIランドナーのフレームですが、10カ月を経過しました。
いまだに完成の報はないのですが、部品に関してはほぼ集めることが出来ました。
あとは、大物ではドロヨケと電装です。
ドロヨケについては、現行品の本所のものを使用しますので、そのうちに入手しようと思います。
電装は、フレームオーダーの時点から、ダイナモはきっぱりやめて、LEDのバッテリーライトのみというランドナーにあるまじき仕様にすることとしました。
本来、ランドナーですから、ダイナモとバッテリーライトの2本立てで電装を考えるのが、従来からあるごく普通の考え方です。
ですが、ダイナモの走行時の重さだとか、うるささだとか、雨の日の走行で滑りがちになるリムドライブをうまく動かすのはどうするかなど、いろいろと面倒なことも多いのも事実です。
一方、バッテリーライトに関して言えば、白色LEDが開発されたこともあって、高信頼で良いものもたくさんあります。
それで、今回は、LEDのバッテリーライトのみの電装でよしと割り切ったわけです。

でどのようなものを選ぶかですが、私なりに考えた選定の考え方は
①どこでも入手が簡単な単三電池を使うもの
②点灯時間が長いもの
③そこそこの照度があるもの
④軽量なもの
⑤電気接点の設計がきちんとしていると思われるもの

上記のようなことを考えながらLEDバッテリーライトを選んだのですが、結局スポルティーフに使用して気に入ったLED LENSER P6をまた選びました。
少々高価ですが、ほぼ要求を満足するライトだと思います。

ledlenzerp62.jpg


LEDLENSERP6.jpg
キャンペーンのおまけでTシャツもらいました。


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。