HOME   »  メンテナンス
Category | メンテナンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIパスハンターメンテナンス4

TOEIパスハンターのホイールの再組が何とか完了しました。
以下は、今回新規調達した、スポーク、ニップルです。
せっかく組みなおすのですから、ニップルは軽合にして、若干ですが、軽量化を図りました。


スポーク:DTチャンピオン Φ1.8 284mm、282mm
(650B 36H、LFハブ、8本取りです。 上記長さですとちょっと短かった! あと1mm長いくらいがよいかなぁ)
ニップル:DT 軽合

saikumiwheel0317.jpg
じっくり見なければ、かなりきれいになりました。ピッカピッカです!

改めて感じましたが、スーチャンのWOリムってよくできているなぁと思いました。組みやすいです。
シャキッとした剛性感があって、精度もいい感じです。短時間で、いい感じのホイールが仕上りました。
その昔、このリムが、とてもポピュラーで、よく使われた理由がわかった気がしました。

TOEIパスハンターメンテナンス3

先日の報告の通り、躊躇しながらも車輪はバラバラに解体しました。
解体して部品単位で丁寧にクリーニング、グリスアップなどのメンテナンス施して、リフレッシュした車輪にしてやろうというのが、その目的です。
で、少しずつですが、取り掛かり始めました。

schamp650b0312.jpg
リムは、当時ではどこにでもあった、スーパーチャンピオンの650Bです。
30年ほど前の物で、ほぼ、手入れをせず今に至りますので、相当にくすんでいてました。
できる範囲で多少見栄えが良くなればということで、いじり始めたのですが・・・
ざっと汚れを落とし、バフ研磨をしてリフレッシュ!
文字で表せば、たったこれだけです。
ですが、小物を磨くのと違い、リムともなりますと、磨く面積も大きく、大変な手間がかかります。
途中で、気持ちが折れそうになりながら、なんとかここまで仕上げました。
磨き残し、ムラだらけです。

ハブは、解体、グリスアップを
proamlf03121.jpg
ハブは、サンシン プロエームです。
当時のサンシンのセカンドグレードのハブですが、個人的にはとてもよくできたハブだと思っています。
玉あたりも滑らかで、当時の高級ハブと比較してもそん色のない感じでした。
クリーニングしてDURA-ACEのスペシャルグリスを使い再組しました。

ついでにクイックレリーズを軽いものに入れ替えます。
現行品です。
qlt13003121.jpg

金色の着色、メーカーロゴが、うるさい感じだったので、磨いてみました。
qlt13003122.jpg

ハブに取り付けますとこんな感じ
proamlf03122.jpg
現行品のクイックレリーズですが、結構似合っているように思えますがいかがでしょうか?

TOEIパスハンターメンテナンス2

TOEIパスハンターですが、ここ25年ほど、あまり乗らなかったこともあって、ほとんど放置状態にありました。
屋内の保管ですから、ひどい錆などはないのですが、グリースなど油脂類などは一通り入れ替える必要性を感じます。
であれば、できる範囲でできる限り解体して、リフレッシュしてやりたいと考えています。
また、今の自分の使い勝手に合わせて、再びパスハンターとして使うべく、ほんのちょっとの軽量化を試みてみて、再構築したいと思っています。

で、手始めに、車輪をいじり始めました。
wheelscb03061.jpg
ざっと確認したところ、リムの振れもなく、ハブの玉あたりも問題ないようです。
ですが、できる限り解体してリフレッシュ!ということで、思い切って・・・

wheelscb03071.jpg
バラバラです。
もう後戻りはできません。
サンシン プロエーム ラージハブのグリス入れ替え、くすんだスーパーチャンピオン650Bリムのバフがけをして、再組するつもりです。
スポーク、ニップルは新規購入です。
今の気持ちは、やってヤル!といった前向きな気持ちが半分、あと半分は、「なんでバラシちゃったんだろう、あ~面倒」といった後悔?の気持ちですかね。


TOEIパスハンターメンテナンス

2月に入ってから、いろいろと忙しい日が続き、なかなか自転車に乗れないなぁなどと思っていたら、
記録的な大雪。
ガラスの腰を持つ私には、ちょっとつらい雪かきになりました。
腰ベルトを巻いて、無理をせず、だましだましの作業で、なんとか事なきを得たのですが、
腰の疲労感が、その後も取れず、自転車に乗ってやろうという気持ちになれません。
それで、以前から気になっていた、以下のTOEIのパスハンターを、ちょっといじってみることにしました。

toeipasscompaa.jpg
このパスハンターですが、80年代の中ごろに作ったもので、30年ものです。
最近は、ほとんど乗ることもなく、ホコリまみれになっていましたので、一度完全に解体して、
もうちょっと使いやすいように再構築してみようと思います。
で、さっそく、バラバラに

passtoeis1.jpg
解体して、隅々までふき掃除&ワックスがけ
キズはあちこちにあるけど、30年ものとは思えないぐらいにきれいになった!

passtoeis2.jpg

passtoeis3.jpg
30年前のTOEIスタンダード(車輪は650×35B)フレーム
必要にして充分な仕様でした。
丹下NO.2、TOEIストレートドロップエンド、Rブレーキワイヤー内臓・・・
当時7万円でおつりがくるぐらいだったように思う。

passtoeihead.jpg
くすんでしまったヘッドバッジ。
若気の至りで、TOEIマークを取り去ってつけたバッジ。
ちょっと磨いてみた。

passtoeihead2.jpg
磨くとこんな感じ。
もうどこの峠だか覚えていないけど、信州あたりの峠越えの際に買ったおみやげのキーホルダーから作ったもの。
先代のパスハンターからつけていたので、高校生のときからです。70年代のものです。
書かれている文言を見ると、笑っちゃいますね。
結構ハズカシイです。いかにも70年代って感じですかね。

ペガサス ロード メンテナンス

先日サイクルボックスで作っていただいたチェンリングを組み込むべくペガサスロードをちょっといじりました。
同時に、気になっていた、いくつかの部品の入れ替えを行いました。
30年車ですが、まだまだ使いますよ~。


メンテナンス後です。
かんたんな清掃とBB、クランク、ハンドル、ブレーキレバー、RDの交換をしました。
あ~気持ち良い!

pegasus1311062.jpg
カンパニョーロ グランスポーツ 5アーム 46/36t
プロフィール

komayatabe

Author:komayatabe
自転車と深いお付き合いをして40年ちかくになるおじさんサイクリストです。

ご近所を自転車や愛犬の散歩でまわります。
よろしければご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。